雑記

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。
2011年07~09月連ドラ

それでも、生きてゆく <フジテレビ> 10/1・最終回

ドラマとしての完成度はかなり高い。 役者の演技や、セリフのやり取りは実に迫力があり、緊張感を持続させた演出も素晴らしい。現実感がよく出ているロケーションもいい。 ただ、被害者、加害者の家族の心境は、やはりよく分からない。だから、最後まで登場...(クリックすると全文が表示されます)
2011年07~09月連ドラ

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 <フジテレビ> 9/20・最終回

医療ドラマというのは、生死を描いていることもあり、ついつい引き込まれてしまう。刑事ドラマと医療ドラマが人気なのは、誰にでもテーマが伝えやすいということもあり納得できる。 そして、このシリーズ。前2作ともサスペンスの要素が強く見続けてしまった...(クリックすると全文が表示されます)
2011年07~09月連ドラ

全開ガール <フジテレビ> 9/19・最終回

軽薄なドラマだと最初は思った。 しかし、回が進むうちにこのテイストがなかなか心地良くなってきた。他愛もない物語だが、主人公の女性の過去の話や、夢と現実の間で悩む姿などが、テンポ良く、かつ繊細に描かれていく。 "育メン"たちのエピソードも面白...(クリックすると全文が表示されます)
2011年07~09月連ドラ

陽はまた昇る <テレビ朝日> 9/15・最終回

警察学校を舞台にした青春ドラマかと思いきや、実は佐藤浩市を中心とした大人たちのサスペンスドラマだった。 三浦春馬や池松壮亮といった旬な若手俳優が出演しながらも、彼らの描き方は画一的で、深く描かれることはなかった。それ以外にもいい役者は出演し...(クリックすると全文が表示されます)
2011年07~09月連ドラ

ブルドクター <日本テレビ> 9/14・最終回

こちらも医療ドラマ。しかも、刑事がメインのキャラクターとして登場するなど、刑事ドラマ+医療ドラマのいいとこ取りを狙ったような作品だ。 確かに解剖というのは、事件の解明に直接つながるので見応えある場面であるが、克明に描写できないだけに描き方が...(クリックすると全文が表示されます)
2011年04~06月連ドラ

アスコーマーチ <テレビ朝日> 7/3・最終回

人気急上昇中の武井咲を主演のドラマ。 工業高校というあたりは少し工夫があるが、男性ばかりの中に放り込まれた女子高校生の戸惑いぶりという描写は、ちょっと古い。 しかも、学園ドラマの楽しみである生徒役に、新鮮味はまったくない。しかも、高校生に見...(クリックすると全文が表示されます)
2011年04~06月連ドラ

マルモのおきて  <フジテレビ> 7/3・最終回

徐々に人気が出たドラマだ。特に芦田愛菜の人気は、このドラマで頂点に達した感じがある。また彼女が歌っている主題歌も大ヒットした。 確かに、阿部サダヲ演じる男性と、ふたりの子どもの心の交流には胸を打つものがある。その関係性の描き方も実に丁寧だ。...(クリックすると全文が表示されます)
2010年04~06月連ドラ

高校生レストラン <日本テレビ> 7/2・最終回

実際に三重県にある高校生が運営するレストランをモデルにしたドラマ。 物語や教師像には魅力を感じないが、部長役の野村周平を筆頭にフレッシュな役者がいっぱい。それだけでワクワクする。 ドラマとしては平凡だが、このように明日のスターを探す喜びがあ...(クリックすると全文が表示されます)
2011年04~06月連ドラ

リバウンド <日本テレビ> 6/29・最終回

脚本家の遊川和彦は多才だ。「女王の教室」のような硬派もあれば、今回のようなコメディも得意だ。 ストーリーは実に他愛ない。ひと言でいえば、ダイエットしようと懸命になっている女性の恋物語。そして、その彼女にパテシエのイケメンが絡んでくる。 この...(クリックすると全文が表示されます)